猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 16日

マニング・コールス「殺人計画」読了/G・D・H&M・コール「百万長者の死」もう少々

e0030187_14131784.jpg











e0030187_14133274.jpg






click to enlarge.


 マニング・コールス「殺人計画」(新潮文庫 60再 裸本)は、調子のいい
スパイ小説だった。
 第一次大戦後のドイツに駐在していたイギリスのスパイが、事故で
記憶を失う。記憶喪失症のままドイツ人としてハイパー・インフレにも
耐え、いつしか彼はナチの幹部に登用される。
 ある日、記憶を取り戻した主人公は、警察副総監の立場を利用して、
対独スパイとしての活動を開始するという、スキゾ・スパイものである。(?)

 欧米人が封筒の裏をメモ帖にする箇所、も発見。発見したら、記録。
わたしのライフワークだ。
< またモールスが始まり、無電技師は鉛筆をとって、ポケットから出した
 古封筒に聞えてくる信号を書きとった。>(p14)

 「面白いよ」との、お師匠さんのお墨つきである「百万長者の死」(G・D・H&
M・コール 創元推理文庫 61年5版 裸本)は、たしかに面白い経済ミステリだ。
 株価操作は資本主義のお家芸らしい。

 やや少なめの、今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2009-05-16 14:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< G・D・H& M・コール「百万...      「私は猫ストーカー」試写会へ >>