猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 18日

イーデン・フィルポッツ「誰が駒鳥を殺したか?」1/4

e0030187_1335039.jpg









click to enlarge.


 写真は、新橋・料理屋の盛り塩。試写会が始まる前に、今まで縁の
なかった新橋を歩いてみた。夕方以降に始まる街だ。

 「フィルポッツは『レドメイン』以外はくだらんよ」と、お師匠さんに
見放された「誰が駒鳥を殺したか?」(イーデン・フィルポッツ 創元推理
文庫 60初帯)をわざわざ読んでいる。

 どっさりある未読のJ・D・カーって気分でなく、「ボウ町の怪事件」
や「二輪馬車の秘密」では、あまりに古風な気がする。「駒鳥」冒頭
を読んでみると、時代背景はわりとモダーンそうだから、まあいいん
じゃないかと読み始めたら、お師匠さんの宣告に違わず、退屈である。

 ギリシア彫刻風の美男が主人公で、駒鳥とあだ名される美女、その名も
ダイアナと恋をする。互いにひと目惚れを告白しながら、すぐに結婚後の
経済問題を検討し合うイギリス的良識ぶりである。

 ギリシア彫刻風ハンサムにまず興味がもてない。ヒューマーのない、
つまらない男という印象であるし、ダイアナ嬢は、あからさまに性格が
悪そうだ。この二人に感情移入しなければならないのだろうか。つらい。
 そのうち殺人事件になることを期待しつつ、読んでいくしかないだろう。
[PR]

by byogakudo | 2009-05-18 13:04 | 読書ノート | Comments(0)


<< イーデン・フィルポッツ「誰が駒...      G・D・H& M・コール「百万... >>