猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 03日

クリスティ「魔術の殺人」読了

e0030187_1955062.jpg









click ro enlarge.


 久しぶりに読んだ(未読と解った)クリスティだが、ほんとにストーリー・
テラーだ。20人近い登場人物をすっきり捌く手際のよさ、物語の展開に
連れて事件が無理なく起きる語り口の巧さ等、ほぼ全作品が日本語で
読める愛され方も当然だ。巧いし、面白い。メロドラマ性が飽きるという
意見はあるだろうが。

 ただ、これはクリスティの責任では全くないけれど、出せば売れるから
クリスティばかり翻訳出版されたせいで、他の英国女性ミステリ作家が
等閑にされてしまった恨みは、やはりある...。

     (アガサ・クリスティ 早川ミステリ文庫 84年7刷 フェア帯)
[PR]

by byogakudo | 2009-06-03 19:17 | 読書ノート | Comments(1)
Commented by bth3013 at 2009-06-03 19:23
また訪問させていただきました。

すごくこのブログが気に入りました。

また来ますね。


ぜひ良かったら、私のブログでお買い物してください.



ネットでお買い物ブログ

http://nettoshop.exblog.jp/

連絡先メールアドレス
shoppingitiban@nifmail.jp


<< 戸板康二「松風の記憶」を読み始める      「M.R.ジェイムズ傑作集」、... >>