猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 10日

経帷子の秘密?

e0030187_16421745.jpg









click to enlarge.


 洗濯機がないので、週に一度、店近くのコインランドリーを
使う。
 乾燥機にかける時間になったので行くと、先客がある。老夫人が
白足袋を落っことしたりしながら、乾燥機に洗濯物を入れている。
目が合うと話しかけられた。
 もちろん初対面である。わたしは知らない老人から、わりと話し
かけられる。

 「乾燥機を使うのを憶えてからよく使うようになったんですよ。
いやね、夕べ10年前に作った死に装束を出してみたら、きちんと
ポリ袋に入れてしまっておいたのに黄ばんじゃってて、一晩さらし粉に
つけて真っ白にしたんですけど、このお天気でしょ、なかなか乾かなくて」

 そこから、10年前に献体を申し出たことや、去年90歳のお姉さまを
見送ったことなどの話になる。
 「あたしも早くお迎えが来てもらいたいんですけどね」
 「そんなにお急ぎにならなくとも、もう少しご滞在されていいん
じゃないですか?」
 「だって、もう89なんですよ、くたびれちゃってねえ」
 
 「ね、200円で大丈夫ですよね?」
 「厚地のものがなければ大丈夫ですけれど」
 「ネルのお腰以外は白木綿だから乾くはね」
 明るい会話の弾む昨夕であった。
[PR]

by byogakudo | 2009-06-10 16:33 | 雑録 | Comments(0)


<< ジョセフィン・テイ「フランチャ...      戸板康二「小説・江戸歌舞伎秘話... >>