猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 08日

ヴィッキー・バウム「上海ホテル」挫折/「グレアム・グリーン自伝」へ

e0030187_1481014.jpg









click to enlarge.


「映画化記念 私は猫ストーカーフェア」 神保町・三省堂本店4F
 6月26日(金)〜7月25日(土)
 

 このところ読みかけては合わずに中断することが多く、いくら明日なき
余生とはいえ、感心しない。半分まで進んだのだから読み終えようと
決意したのも束の間、「グレアム・グリーン自伝」(グレアム・グリーン
早川書房 74初 J)の前書きを読んでしまい、決心は吹っ飛ぶ。

 もういいです、ヴィッキー・バウムに義理は立てた。読まずに死んでも
後悔しないことが解る程度には読んだから。もっと阿片窟のシーンなぞが
頻出するようだったら再開するけれど、もう出てこないだろうし、出て
きても、うっとりするような描写にならないと予測できる。

 グレアム・グリーン。抑えたヒューマーがすてき。若い頃に読み飛ばして
いたら、たぶんフーンという反応しかしなかっただろうが、老いたる今や、
ぴったりの作家だ。

 未整理の買取本袋からジョン・ウィンダムも見つけたし、忙しくなる。
うれしい。
[PR]

by byogakudo | 2009-07-08 14:08 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「グレアム・グリーン自伝」半分強      ドミニック・ファーブル「美しい... >>