2009年 07月 09日

「グレアム・グリーン自伝」半分強

e0030187_14163788.jpg









click to enlarge.


「映画化記念 私は猫ストーカーフェア」 神保町・三省堂本店4F
 6月26日(金)〜7月25日(土)
 

< 今日、わたしの同時代人の多くは、おのれの過去の出来事を
 皮肉にとりあつかう、それがかれらのあいだの流行になっている。
 それが自己弁護の公認された一方法なのだ。「わたしが若かった
 頃はどんなに愚劣だったかを見たまえ」と言えば、過酷な批評を
 あらかじめ予防することになるのだが、これは歴史を曲げるもの
 である。[中略]わたしは遠い昔の愚行や感傷や誇張を再び生き
 よう、皮肉をまじえずに、当時それらについて感じたままに再び
 感じよう__たとい不成功に終ったにしても、わたしはそれを
 本書でこころみたのである。> (p8)

「グレアム・グリーン自伝」原作の刊行は1971年。その後、世界は
自意識過剰で自己防御本能に駆られる人類しか、存在を許さなく
なった。ストレートな表現は、他人(ひと)を傷つける不道徳な行為と
見なされて久しい。
[PR]

by byogakudo | 2009-07-09 14:03 | 読書ノート | Comments(0)


<< 再見「私は猫ストーカー」!      ヴィッキー・バウム「上海ホテル... >>