2009年 07月 23日

後藤暢子 他「中野本町の家」読了

e0030187_1620541.jpg






click to enlarge.


「映画化記念 私は猫ストーカーフェア」 神保町・三省堂本店4F
 6月26日(金)〜7月27日(月)
 

 1980年頃だっただろうか、地下鉄新中野の近くを歩いていたら
不思議な建物が蟠っていた。形状から「トーチカハウス」と呼んで
いたが、それが伊東豊雄の「G邸」(White U)であった。

 夫を亡くした姉とその娘たちのために、建築家である弟が設計した
家であることを、初めて知る。内省的な時空を求めて建てられた家は、
二十一年後の1997年2月28日に壊され、更地になる。
 母と娘たちの現在の意識や思考・生活にそぐわなくなったからである。
いわば家は、卒業された。

 建築家の作品として残し、次の住み手を探すこともできたであろうが、
彼女たちはそれを望まず、彼女たちの生きた記憶とともに在った家を
消滅させる方を選んだ。

 唐突に、皇后の実家が相続税支払いのために物納されると決まったときの、
地域の保存運動と、皇后の固辞とを思い出した。

 皇后が更地にする方を望んだのは、国民の税金が皇室費であると意識して
のことかと思うが、それと同時に、女性と彼女の家との密やかで親密な関わりに
理由があるのではないだろうか。
 自分が少女時代を過ごした家が記念館になり、人目にさらされて建物として
残り続けることを、女性は好まないのではないか。
 記憶が蹂躙されるというのは、大げさかもしれないが、それに近いものを感じて
固辞されたのではないだろうか。
 それに似たような意識から「中野本町の家」も残らなかったのではないかしら。

 もしも、配偶者を喪ったのが、建築家である弟の兄であったとしたら、内省の
家は建てられなかったかも知れないが、建物自体は作品として残されたのでは
ないか。男性と女性とでは家(houseでありhomeでもある)に対する感受性が
かなり異なる。

     (住まい学大系090 住まいの図書館出版局 98再 J)
[PR]

by byogakudo | 2009-07-23 16:20 | 読書ノート | Comments(0)


<< 五反田と動物病院へ      ジョン・ウィンダム「トリフィド... >>