2009年 07月 24日

五反田と動物病院へ

e0030187_20385624.jpg






click to enlarge.


「映画化記念 私は猫ストーカーフェア」 神保町・三省堂本店4F
 6月26日(金)〜7月27日(月)
 


 折りたたみ傘をもって地下鉄で五反田へ。ぼうっとしていた。新宿で
降りて新宿線に乗り換えようとしている。神保町に行っちゃうじゃない。
 大江戸線に戻り無事、五反田着。雨が降っている。南部古書会館の
1F、いちばん前の棚にはブルーシート。

 あれこれ買う。これだけで充分送りの重さだ。2Fでも、うろうろ。
お金が足りなくなり、引出しに行く。

 レジで代金を払い、本を受取るのを忘れて戻ろうとする先客がある。
湿気のせいで皆、ぼうっとするのかしら。わたしもいつか、やりそうな
気がする。本を探してお金を払うと、やるべきことは完了した、とも
言える。

 1、2階分合わせて一箱に入りきるだろうか。__単行本であと何冊か
入る隙間があったが、もう探す元気がない。
 駅前のヴェローチェで休憩。4:30pm頃、部屋に戻る。ひといきついて、
さあ、今度は近くの動物病院へ行かなくっちゃ。

 14歳になるモノクローム猫のNim(♀)だが、このところ食べた後で
口の中を気にすることが多い。食べ物が歯に引っかかっているのか、
虫歯かなにかあるのだろうか。口を開けさせてくれないので、確認
できない。

 そ知らぬ顔でバッグを用意。キャリーケースもあるが、猫の体重
4~5kgに加わるケースの重さが、体力的にきつくなった。なんとか
押し込んで動物病院へ。
 歯石ができていた。歯石が取れた痕が出血する。薬を飲ませるか、
注射にするかで、注射にした。食べ物の中に薬を入れても、彼女は
見破る。

 ヒトもネコも疲れて部屋に戻る。部屋猫歴14年なので、連れ出そうと
すると道中ずっと、「虐待されてまーす!」と言わんばかりの大声で
鳴き続ける。帰ってくればいつもの鳴き方である。
 いちおう信頼はしてくれているのだろう。バッグの中で爪を立てたり
噛んだりはしないけれど、大鳴きには弱る。ここは、ペット禁止の
アパートメントなのよ、ニム。
[PR]

by byogakudo | 2009-07-24 21:15 | 雑録 | Comments(0)


<< 暑くて風邪気味      後藤暢子 他「中野本町の家」読了 >>