2009年 07月 27日

ピエール・サルヴァ「切り裂く手」読了 他

e0030187_14311814.jpg









click to enlarge.


「映画化記念 私は猫ストーカーフェア」 神保町・三省堂本店4F
 6月26日(金)〜7月27日(月)
 


 何か他にも読んでいた筈だが__ピエール・サルヴァ「切り裂く手」
(HPB 78初 VJ)というサスペンスだった。しかし、こんなに、はらはら
しないサスペンスも珍しい。

 浮気相手が殺され、夫にバレやしないかと不安に陥る、パリ郊外に
住むブルジョア・マダムの、焦燥感に駆られた4日間の物語。
 ヒロインに感情移入できず、最後まで、
 「バレて家庭が崩壊するのが怖いなら、浮気しなきゃよかったのにね」
と思い続けた。まあ、ブルジョア批判に力を入れたミステリなのかも。

 「武満徹対談選」(小沼純一編 ちくま学芸文庫 08初 帯)、ほぼ終る。
寺山修司と話しているのが、いちばんおかしかったかしら。
 谷川俊太郎との対話で、
< [略]ほんとうの美しさというか澄んだものというのは、それこそ非常に
 猥雑なものの上にしかうまれないよ。」(p278)と、言ってるも好き。
[PR]

by byogakudo | 2009-07-27 14:24 | 読書ノート | Comments(0)


<< 矢野誠一「落語長屋の商売往来」...      「ボン書店の幻_モダニズム出版... >>