猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 07日

月島。きれいッ!

e0030187_20564713.jpg









click to enlarge.


 暑いッ! でも神保町へ行く。不消化な気分のまま出て、タリーズへ。
どうしょう? 夕べ話したように月島に行ってみることにする。
 地図で確かめていたつもりだが、乗るべき地下鉄路線を間違え、
プラットフォームをミスり、さらには逆方向の地下鉄に乗り、後戻り。

 月島駅を出たら、大きな清澄通り沿いに、まだ長屋風の建物が
残っている。古本屋まである。文雅堂だった。記念に一冊。

 月島は路地の宝庫だ。全部の路地を踏破したくなるが、いくつか
出たり入ったりする。路地をわたる風が涼しい。潮の香までする、
ような気がしただけかしら。路地の真ん中部分が左右より凹んで
いるのは、水はけを考えてのことだろう。
 どのお家の前にも鉢植えが並ぶ。コンクリートの防火用水は、
大型鉢になる。路地にはやさしい空気が溜まっている。

 ドトールで一休み。Sがうっかり、撮った写真を削除してしまった
模様。いい、今日はロケハンだったことにすれば。

 勝鬨橋を渡る。橋の中央では、車の振動で橋が揺れる。「鏡子の
家」の冒頭シーンを思い出しながら渡る。
 左手に築地市場。ここだったのね。佃大橋まで大川沿いを歩く。
隅田川さえ見せれば、いつでも機嫌がいい。

 佃島。ここですか。佃煮屋さんの角を曲がったら、手作りのお箸を
並べている店がある。いまweb検索したら、「漆芸 中島」という
お店だった。江戸前の八角箸のお話などを伺っているときに、奥から、
職人さんが作ったばかりのお箸を持ってきた。
 義母へのお土産に短めのお箸をひとつ。

 佃島の船溜まり、そして路地が続く。生活の場によそ者がカメラを
もってうろつくのは、迷惑かもしれない。はしゃがずにそっと動きます
ので、許してもらえればと願う。

 HPトップに記しましたが、8月13日(木)~14日(金)と
21日(金)~22日(土)、夏期休業いたします。
[PR]

by byogakudo | 2009-08-07 20:53 | 雑録 | Comments(0)


<< クリスティ「七つのダイヤル」読...      「獅子文六作品集第七巻」読了 >>