2009年 08月 29日

小石川植物園に行った

e0030187_142234.jpg










e0030187_1422019.jpg










e0030187_1424478.jpg










e0030187_1433075.jpg










e0030187_1435713.jpg










e0030187_1444196.jpg







click to enlarge.


     ____________________

 9月5日(土)、6日(日)古書 往来座 外市 /雨天決行に、
伊呂波文庫さんとともに当店も参加いたします。

 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄
     ____________________

 写真は、小石川植物園の温室で。前回は入れなかったが、今は途中まで
入っていける。温室内は暑いんじゃないかと思っていたら、窓が開いていて、
そうでもない。

 温室という建築物自体がすてきだ。映画「クライングゲーム」でも、アジトとして
荒れた温室が出てきて、よかった。テロリスト役の青い安っぽいナイロンシャツと
ともに、記憶に残るシーンだった。

 日が照ってるなあ、どうしようとためらいながら、昨日は出かける。園内は
風が大木を揺るがし、とても気持ちよい。行きの地下鉄に乗るまで、白山に
着いて植物園に入るまでが問題で、日陰を選って歩いた。

 前回行かなかった柴田記念館や、日本庭園辺りも歩くが、池の先に見える
博物館分館はあきらめる。日本庭園には日陰がない、という軟弱な理由だ。

 植物園脇の急で長い坂道を上り下りし、白山駅近くのキャフェで休憩。
一息ついたので、また歩く。白山神社には、少なくとも13匹の猫たちが
夕涼みに出ている。どの猫もおっとりしているが、近づきすぎると、逃げる。

 適度な散歩だった。地下鉄内でカーター・ディクスン「魔女が笑う夜」
(ハヤカワ・ミステリ文庫 82初 J)に読みふけり、乗り換えを忘れそうに
なったりしたが。

 「魔女が笑う夜」は、まあまあ。村を見下ろし村人の無意識を支配する
とされる、あざ笑う後家の形をした岩が、あんまり不気味さが伝わって
来ないのが欠点かしら。
 昨夜、読み終わり、夜中からジェラルド・カーシュの短編集。
[PR]

by byogakudo | 2009-08-29 14:08 | 雑録 | Comments(0)


<< ジェラルド・カーシュ「壜の中の...      カーター・ディクスン「魔女が笑... >>