猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 30日

ジェラルド・カーシュ「壜の中の手記」半分ほど

e0030187_1227370.jpg











e0030187_12272350.jpg









click to enlarge.


 写真は、小石川植物園の柴田記念館で。

     ____________________

 9月5日(土)、6日(日)古書 往来座 外市 /雨天決行に、
伊呂波文庫さんとともに当店も参加いたします。

e0030187_1339599.jpg






click me!

     ____________________

 まず、Sが勧める「狂える花」を読む(短編集である)。植物怪談だから
「ラパチーニの娘」になるかと予想していたら、時速80kmで語られる
「風が吹けば桶屋が儲かる」式・因果律の物語であった。

 そこから初めに戻り、順を追って読む。第一篇の「豚の島の女王」も
淡彩だが、フリークスの女王の話である。嫌いな訳がない。
 あと1冊、単行本も買ってあるし、しばらくジェラルド・カーシュが楽しめる。
     (角川文庫 06初 J)
[PR]

by byogakudo | 2009-08-30 12:29 | 読書ノート | Comments(0)


<< 台風に怯えて臨時休業      小石川植物園に行った >>