2009年 09月 24日

ケストナー「飛ぶ教室」読了

e0030187_1218457.jpg









click to enlarge.


 ホジスンが一息に読めない。買取り本からケストナー「飛ぶ教室」
(光文社古典新訳文庫 06初 J)を持ち帰る。初読である。子ども向けは
「エミールと探偵たち」・「ふたりのロッテ」しか読んでいない。

 アメリカに移住されたお客さまが好きだと仰っていたのは、これだったか
「点子ちゃんとアントン」だったか。「飛ぶ教室」を読んでみた感じでは、
たぶんこれが、彼女の大好きだった本ではないかと思う。清々しいから。

 光文社古典新訳文庫シリーズは、どの本でも漢数字ではなく洋数字が
使われているのかしら? よしもとばななを読んだことがないので、縦書き
小説に洋数字が用いられているのを見るのは、初めてだ。

 最初はぎょっとするが、じき慣れる。慣れなかったのは、会話での
「てにをは」省略が多用されていることだ。たしかに実際の会話では
「てにをは」をきっちり入れて話したりしないけれど、文章で読んでいると、
ちよっと引っかかる。
 翻訳全体のトーンから言えば、「てにをは」省略はアリな文体であるが。
[PR]

by byogakudo | 2009-09-24 12:17 | 読書ノート | Comments(0)


<< シムノン「メグレ夫人のいない夜...      アガサ・クリスチィ「エンド・ハ... >>