猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 30日

シムノン「メグレ最後の事件」読了

e0030187_15111484.jpg






click to enlarge.


写真は、築地市場を闊歩する猫。あっ、昨日の写真は、あやうく幻に
なりかけた月島の八百屋さんです。

 1972年に書かれた「メグレ最後の事件」でシムノンは作家活動を
停止したと、後書きにあるが、全生涯に270冊の小説を書いたとも
記されている。
 河出書房版のメグレ警視シリーズ50冊以外に、長篇や短篇集が
他の出版社から出ている。日本語ではいったい何冊読めるのだろう?
 河出の50冊だって、わたしは何冊読んだのか。「港のマリ」や
「汽車を見送る男」といった、手に入れられなくはないが高い(!)
本まで考えると、日本語版シムノン全冊読破への道は遥かである。
潔く諦めよう。

 それはともかく、「メグレ最後の事件」のアル中女が哀れでいい。
殺された彼女の夫は、著名な公証人の息子としてみんなに愛され、
妻とうまく行かないせいの浮気だって周囲に認められているのに、
彼女の味方は、女中ただ一人である。(この女中の意固地な
キャラクターもいい。)

 同じ大きなアパルトマンで妻と別々の暮しを営み、ときどき商売女と
数日間、同棲する夫は、その間はまるで初々しい恋人同士のように、
女を喜ばせようと料理をしたりしている。一週間もすれば家に戻るが、
妻と接触することはない。彼女はひたすら飲み続け、女中に介抱して
もらうような日々だ。

 彼はカトリックだからという理由で離婚しない。彼を知る人々は皆、
彼を肯定するけれど、とても残酷な男に思える。
 それとも、彼女が貧しい育ちからのし上がろうと願ったことが、
そもそもの罪だったのだろうか。
     (メグレ警視シリーズ36 河出書房新社 78初 帯 VJ欠)
[PR]

by byogakudo | 2009-09-30 15:11 | 読書ノート | Comments(0)


<< りんぼく酒の謎が少し解ける/「...      シムノン「メグレのバカンス」「... >>