猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 13日

ベンジャミン・ブラック「ダブリンで死んだ娘」1/3ほど

e0030187_17155153.jpg






click to enlarge.


 ついにシムノン以外の作者名が! もちろん「メグレ警視
シリーズ」も持ち帰ったけれど、不安が兆して、新しめの
文庫本を読むことにした。最晩年に何を読むつもりかと、心配に
なったので。
 今だって晩年には違いないが、もっと本格的な老人になっても
読みたいであろうメグレ・シリーズを読んでしまうと、白内障
手術に成功し、何が書いてあるか理解できる脳力を保っている
(であって欲しい)老人期に、読む本に困りそうだと、ふと
気がついた。(ホームレス版もリアルに想像できるが、リアルさが
怖いので考えない。)

 暗さがなかなか感じがいい「ダブリンで死んだ娘」、もうちょっと
できごとが少ない方が好みだが、まあ読み続けられそうだ。

 二項対立構造でストーリーが展開されてゆく。山田風太郎における
二項対立性はスピーディですてきだが、こちらは、ややモタる。
     (ランダムハウス講談社文庫 09初 帯 J)
[PR]

by byogakudo | 2009-10-13 17:16 | 読書ノート | Comments(0)


<< ベンジャミン・ブラック「ダブリ...      シムノン「メグレと善良な人たち... >>