2009年 11月 28日

ジョン・ウィンダム「海竜めざめる」をまだ読んでいる

e0030187_1640666.jpg






click to enlarge.


 まず、今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄 
 

 なかなか終らないジョン・ウィンダム「海竜めざめる」から、
煉瓦積みの件りを引用。

 ライター夫婦はコーンウォールに別荘があり、集中的に原稿を
書くとき、あるいは息抜きにと活用しているが、ある時、奥さんが
行ったきり帰って来ない。心配した主人公が電話すると、長い間
コールして、やっと彼女が電話に出る。

<「[略]本当のことを言うとね、レンガを積んでいたのよ」
 [中略]
 「やってみると面白いものよ。いろんな型があるのよ。
 フランダース式とか、本国[注 英国のことだ]式とか。[略]」
 [中略]
 「[略]あたし、チャーチルの書いた随筆で読んだんだけど、
 気分を転換させたい時にレンガ積みをやると、とても効果が
 あるんですって。[略]」>(p85下段)

 建築施工業者間ではフランス式と呼ばれ続けていただろうが、
普通のひとは煉瓦積みの工法名なぞ知らない。翻訳の星新一も
たぶん知らなかったから、原文通り、「フランダース(フランドル)
式」と訳したのだろう。
     (HPB 66初)
[PR]

by byogakudo | 2009-11-28 16:40 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by orangepeel at 2009-11-28 18:52 x
地震のないアイルランドや英国では、
庭に別荘(といってもひとり入れるかどうか)を好んでつくるそうです。
「ひとりきりになれる部屋」といいましょうか。
うらやましいけれど、日本で素人の積んだ煉瓦の家なんてこわいですよね。
Commented by byogakudo at 2009-11-29 18:30
p113下段に、ご主人が出来映えを見る場面があります。
<素人の作品と一見してわかる。壁面の一つは、ゆがんでいるような
感じだった。>
それでも充分役立っていたようです。地震がない国はいいですね、


<< ジョン・ウィンダム「海竜めざめ...      ジョン・ウインダム「海竜めざめ... >>