猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 29日

ジョン・ウィンダム「海竜めざめる」/遠田潤子「月桃夜(げっとうや)」読了

e0030187_14225640.jpg






click to enlarge.


 原題が " THE KRAKEN WAKES "、日本語訳では「海竜めざめる」。
宇宙から飛来した生命体が作り出したバイオ兵器(?)に人間が襲われる
シーンでは、腔腸動物系の戦車が海から上陸して、建物を壊し、人間に
粘液を吹きつけて絡めとる場面が描かれている。

 ところが肝心のKRAKENであるが、最後まで読んでもどんな形態の
知的生命体だか、書かれないまま終る。ずるいよ、と言いたくなるが、
それが主旨ではなく、社会構造が基盤から破壊され、共同体が崩壊する
ときのありさまや対処方法が書きたかったようなので、仕方ない。
化け物はあきらめよう。
 崩壊した共同体を社会的に描くのがジョン・ウィンダムで、渦中に
ある個人の崩壊を描くのがJ・G・バラード、ということか。
     (HPB 66初)

 しっかり書いてあるのに、導入部は、ちゃんと入れたのに、とうとう
感情移入できないまま遠田潤子「月桃夜(げっとうや)」を読み終える。

 奄美大島のエキゾティックな風俗や民俗描写にノレなかったのか、
それとも、会話場面や地の文で説明し過ぎる文章に入れなかったのか。

 大鷲の語る物語、とくにエンディング近くは急ぎ過ぎて、人物の語る
言葉が解説めいている。読みながら、書かれた文章の地平から飛翔する
瞬間がついに来なかった。合わなかったのだろう。
     (新潮社 09初 帯 J)
[PR]

by byogakudo | 2009-11-29 14:23 | 読書ノート | Comments(0)


<< 映画「私は猫ストーカー」撮影か...      ジョン・ウィンダム「海竜めざめ... >>