猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 06日

パブロ・デ・サンティス「世界名探偵倶楽部」を読み始める

e0030187_12523532.jpg









click to enlarge.


 某お客さまからお借りしたアルゼンチンのミステリである。
あんなに幻想と怪奇系小説の豊かな南米の地だ。ミステリが
書かれていてもおかしくない。日本に紹介されていなかっただけ。

 世紀末のブエノスアイレス、靴屋の息子である主人公が、ブエノス
アイレス唯一の名探偵に弟子入りする。まだ冒頭部分なので、他の
弟子入り志願者たちとの探偵術入門風景が記されているが、どうも
メタミステリっぽい。

 弟子のひとりの生意気な少年は、名探偵クライグ先生が
「われわれ探偵は芸術家であり、弁護士や裁判官はわれわれの
批評家だ」と述べるのに対抗して、
 「殺人犯は芸術家であり、探偵はその批評家だ」(p28)と応じる。
ド・クィンシーを読んだことのある少年なので。

     (ハヤカワ文庫 トールサイズ 09初 帯 J)
[PR]

by byogakudo | 2009-12-06 12:50 | 読書ノート | Comments(0)


<< ハンマースホイの確率      ねんざの記 >>