猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 19日

ジョン・ル・カレ「死者にかかってきた電話」読了

e0030187_15397100.jpg









click to enlarge.


 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄 

 
 明るく軽快なドートマンダー・シリーズに疲れて、何か暗そうな
話はないかと、未整理本の袋を探る。ジョン・ル・カレ、読んで
いないし、英国ものだから暗さは期待できそうだ。

 まあまあ、程よい暗さで、その点は満足したが、より出来事が
少なく、さらに鬱陶しい心理描写が続けば、もっと好きだ__
それではスパイ小説の立つ瀬がなくなるか。グレアム・グリーンを
読めばいいのだ。
 
 ロンドン郊外の住宅地の描写なども好きだが、ひとつ謎が残った。
このスパイはどんな機密情報を東ドイツに伝えていたのだろう?

     (ハヤカワ文庫 88年7刷 フェア帯・傷み J)
[PR]

by byogakudo | 2009-12-19 15:39 | 読書ノート | Comments(0)


<< シムノン「メグレ警視のクリスマ...      今年最後の五反田行き >>