猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 21日

シムノン「メグレ警視のクリスマス」読了/「メグレの退職旅行」へ

e0030187_12341314.jpg






click to enlarge.


 「メグレ警視のクリスマス」に収められているのは、表題作と
「メグレと溺死人の宿」「メグレのパイプ」。3作目は、誕生日に
メグレ夫人から贈られたお気に入りのパイプが盗まれたことが原因で、
殺人事件を未然に防ぐ。     
     (講談社文庫 78初 J)

 「メグレの退職旅行」は黄ばみがかなり強いが、なんとか読める。
角川文庫からは「メグレ夫人の恋人」という中短篇集も出ていた。
 これも探すことになるのか?
     (角川文庫 81初 帯 J)

 寝床ではメグレ警視、寝る前に宮川淳「紙片と眼差とのあいだに」を
毎晩のように、1章ずつ読む。静かに覚醒するので、寝床向きでは
ない。

 冷たい風が吹く日だが、2年振り(?)のa氏やお師匠さんが
きて下さった。うれしい。
[PR]

by byogakudo | 2009-12-21 12:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< 年の暮      シムノン「メグレ警視のクリスマ... >>