猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 26日

神宮外苑から青山を歩く

e0030187_1625942.jpg










e0030187_16253117.jpg










e0030187_16254689.jpg










e0030187_1626239.jpg







e0030187_16262293.jpg







e0030187_16264027.jpg




click to enlarge.


 写真は主に、路地や猫道での神宮〜青山風景。

 最近行ったばかりのSには悪いが、近場だから、明治神宮外苑
から青山コースにする。日影を歩くと、寒さが身にしみる日だ。

 なるほど、青山練兵場跡地が1964年の東京オリンピックの競技場に
使われたのか。スポーツは戦争の代替物であるのが、よくわかる。

 Sが行ったときは紅葉していた銀杏並木も裸になり、並木の先から
ドームだけ覗かせていた絵画館は、近寄るとプロポーションの悪さが
目立つ。誰だ、このセンスの悪い建築家は? 銀杏並木の歩道に
10人ほど、縦一列に並び、絵画館をスケッチしている。
  
 青山通りからギャラリー「ときの忘れもの」を目指す。こちらは
建物と内装がすてきだ。アルミの外壁、吹き抜けの二階、階段際の
大き過ぎない窓、書棚脇に水仙がどっさり、床置きのガラス瓶に
投げ込まれ、きれいな影をつくる、静かな室内。

 初めてオリジナル・プリントで細江英公の写真を見た。もっと
コントラストのきつい写真だとばかり思い込んでいたら、グレイ・
ゾーンの豊かな作品だった。写真の写真を見て、見たつもりに
なっている。

 3時間くらいの手近な散歩だった。足が治ってうれしい。

 今年最後の新着欄です。よろしく。
 新着欄 
[PR]

by byogakudo | 2009-12-26 16:31 | 雑録 | Comments(0)


<< 少し歳末気分      ドナルド・ E・ウエストレーク... >>