2009年 12月 28日

クリストファー・プリースト「スペース・マシン」、まだ終らない

e0030187_12525020.jpg









click to enlarge.



 たぶんクリスマスころから読んでいるクリストファー・プリースト
「スペース・マシン」(創元推理文庫SF 79再 J)が、まだ終らない。
 半分まで読むのに時間がかかったこと、途中を飛ばそうかと
思ったほどの悠然たる(?)書きっぷりだ。

 ものの弾みでタイム・マシーンを暴走させ、気がつけば火星に
来てしまったヴィクトリア朝の若い男女が、このままでは火星の
怪物に地球が侵略されるから、なんとか地球に戻ろうとする
ところまで、やっとたどり着いた。

 ジョン・ウィンダム系のおっとり・じっくり型SFの始まりだったが、
火星の文明描写があまりに長過ぎる。右も左も解らない異文化状況に
投げ込まれた、たしなみ深いヴィクトリアンが語り手なのはいいけれど、
火星の都市間の紛争描写、マシーン描写の長ったらしさに疲れ果てた。
 ここまで懇切丁寧なレポートが、物語の構成上、必要だったのだろうか。

 連続アクションSFには興味がないが、こんなにくどく書かなくっても、
怪物に支配される火星人(地球人と似ているが、ずっと背が高い)の
苦痛が、資本主義経済下の搾取された地球人のメタファーであることは
充分、伝わると思う。

 しつこさは、この小説の必然的結果なのか、たんに作者の体質か、
若くて体力があった結果なのか・・・。
[PR]

by byogakudo | 2009-12-28 12:53 | 読書ノート | Comments(0)


<< クリストファー・プリースト「ス...      少し歳末気分 >>