2010年 01月 12日

神西清訳「真珠の首飾り他二篇」と横溝正史「悪魔の降誕祭他二篇」読了

e0030187_13563245.jpg










e0030187_13564161.jpg







e0030187_13565340.jpg







click to enlarge.


写真は、八幡堀遊歩道で。この日に遇った猫たちは皆、人なつこくて、
声をかけると「ニャー」と応じる。

 レスコーフ作・神西清訳「真珠の首飾り他二篇」(岩波文庫 51初
裸本)の日本語はとてもカッコいいんだけれど、タイトル作品の
伝法で、はしゃいだ訳しっぷりは、少し行き過ぎではないかと、
畏れ多くも感じるのだが。もう少し控え目なほうが、古くさく
ならなくてすんだのではないかと、ああ、ますますひどいことを
言っている。

 横溝正史「悪魔の降誕祭他二篇」(角川文庫 77年14刷 J)の
「女怪」に、
< サムマー・タイムというやつは、こういうときに便利である。
 夕飯を食ってしまっても、陽はまだ空の高いところにあった。>
(p185)と書かれている。

 しかし、これは標高の高い、伊豆山中の温泉地帯でのことだ。
K夫人に言わせれば、都内での
 「サマータイムなんて、暑くって仕方なかったのよ。だから
止めちゃったのに、また復活させようなんて、昔のことを覚えて
いる人は、もういなくなっちゃったの?」であるが、この話、
前に書いたかもしれない。

 あまりの寒さに、閉店休業中の店内です。今年は、以前にもまして
無理をしない営業方針なのです。すみません。
[PR]

by byogakudo | 2010-01-12 13:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< DVDで「ロスト・ハイウェイ」...      寒さがつのる >>