猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 19日

川端康成「浅草紅団 浅草祭」半分弱

e0030187_1444087.jpg









click to enlarge.


 近代文学にも弱いし、喰わず嫌いが多くて無知が亢進しているが、
大作家が大家になる以前に書いたものには、面白がれるものが多そうだ。
マイナー・ポエト好きなのだろう。

 谷崎にしても、中公文庫の「潤一郎ラビリンス」シリーズは楽しかった。
全部買って全部読み、すべて売り切ったが、いまだ「細雪」というのに
手が出ない。読めば面白いかもしれないけれど。

 「眠れる美女」だけは、堂々たるネクロフィリア振りが面白かった
川端康成であるが、他の掌編を少し読みかけて、繊細な感受性の
押しつけ__押しつけがましく感じた__に辟易して、放ってあった。

 文庫版であるしと、読み始めた「浅草紅団 浅草祭」(講談社文芸文庫
96初 J)の冒頭部分は、やや疲れる。新感覚派というのか、日本語でも
シンコペートしてみせよう(?)みたような意識が過剰に感じられる。
 まあ、だんだんと慣れてきて、読み進んでいる。
[PR]

by byogakudo | 2010-01-19 14:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< アラン・コルノー「マルセイユの...      「みんなの古本500冊 もっと... >>