猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 28日

幸田露伴「一国の首都 他一篇」に手こずる

e0030187_1638495.jpg









click to enlarge.



 「柳橋新誌」みたいに、もろ漢文(あえなく挫折した経験がある)
じゃないから読める筈。読んでいるんだけど、漢文口調に慣れて
いないので、時間のかかること。

 時々、外国語の文章を苦労しながら読んでいるときと、同じメンタルに
陥る。漢文脈のリズムが身体に入ってないのが、身にしみる一冊だ。
読み終えられるだろうか。

 言ってることは、実感的によくわかる内容なのに、文体について
行けなくて、往生している。
     (岩波書店 93初 J)
[PR]

by byogakudo | 2010-01-28 16:38 | 読書ノート | Comments(0)


<< 写真美術館へ「出発__6人のア...      リチャード・カウパー「クローン」読了 >>