猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 01日

「武満徹エッセイ選」に戻る

e0030187_1714023.jpg









click to enlarge.


 「一国の首都 他一篇」(幸田露伴 岩波文庫)を、見て見ぬ振りする。
「日本SF古典集成 1」(横田順弥編 ハヤカワ文庫)でごまかしていたが、
佐藤春夫「のんしゃらん記録」や稲垣足穂「星を売る店」(終わり方が
つまらない。神戸の街の様子はすてきだったのに。)なぞを読んでしまうと
あとは押川春浪みたような短篇が残る。
 軍事SF。興味が持てそうにない。

 ごそごそ探して、読みかけだった「武満徹エッセイ選」(ちくま学芸文庫)
に戻る。いい文章はいいものだと、落着いて眠る。(実際は、くたびれている
ので、泥のような睡魔に引き込まれ、犬のように、丸太のように眠る。)
[PR]

by byogakudo | 2010-02-01 13:27 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by Es at 2010-02-01 18:21 x
今日UPされている写真、小村雪岱の絵の一部みたいですね。。。
Commented by byogakudo at 2010-02-02 13:06
そうかもしれません。
場所は蔵前です。
今、埼玉県立美術館でやっていますね。  S


<< 雪のあと      「私は猫ストーカー」余波11 >>