2010年 02月 04日

「武満徹エッセイ選 言葉の海へ」をまた中断する

e0030187_13344546.jpg









click to enlarge.


 お師匠さんがいらして2点・3冊、貸して下さる。3冊なのは1点が
上下巻だから。武満徹、またしても中断である。まあ、思い出した
ように、ぽつんぽつんと読んで、いつの間にか読み終っているのが
ふさわしい本、とも言えよう。若ければ一気に読み終えそうな本だが。

 武満徹は1996年に死去。もう14年経っている。
 敵も味方も区別のない、ただ、ぬかるみの中で互いに牽制し合う
状況が、長く続き過ぎた。と言っても、ヒーローを待望するような
一刀両断的解決を望むわけではない(誰がそんなこと・・・)。
 鬱陶しさを見極め、見続ける気力を、死ぬまで持ち続けたい。
[PR]

by byogakudo | 2010-02-04 13:35 | 読書ノート | Comments(0)


<< 増村保造「最高殊勲夫人」を見た      ぼやく >>