2010年 02月 08日

鈴木創士訳「ランボー全詩集」を読もう!

e0030187_12472410.jpg













e0030187_12473687.jpg













e0030187_12474846.jpg









click to enlarge.


 待望の新訳だ。
 「え、今さらランボー?」と不思議に思う、かつての若い人々、
 「ランボーって名前は知ってる」という今の若い人々、どちらにも
お勧めしたい。

 「日本のフランス文学」臭を脱した、瑞々しく若々しい天才少年の
姿が、紙面から立ちのぼる。

 「ある地獄の季節」から一部引用してみよう。
< __ああ! 俺はあまりに見捨てられているので、どんな神聖な
 絵にも完徳へと向かう熱情を捧げてしまうのだ。
  おお、わが自己犠牲よ、おお、わが素晴らしき隣人愛よ! それでも、
 現世のことさ!
  深キ淵ヨリ、主ヨ、俺は馬鹿か!>(p24 ボールドは原文は傍点)

 詩は原文で読まなければ十全な鑑賞は不可能である。ごもっとも。
それでは世界中の詩を味わうためには世界中の言語を、十全に知り、
しかも鑑賞力も充分でなければならない。人類の誰ひとりとして、可能では
なくなる。

 詩人の身体から発せられ記述された言葉を、我が身に引受け、浸潤させ、
母語として再度、記述する翻訳者は、どれほどの困難と苦痛と歓びを通過
するのだろう。

 すぐ新刊書店に走るべし!
     (河出文庫 10初 帯 J)
[PR]

by byogakudo | 2010-02-08 12:49 | 読書ノート | Comments(5)
Commented by ykiuchi at 2010-02-08 20:08 x
24の男ですが、鈴木さんお疲れさまでした。明日買いに行きます。
Commented by byogakudo at 2010-02-09 14:52
ぜひ! spinコピー、取ってありますので、いつでもどうぞ。
Commented by ES at 2010-02-09 19:59 x
感謝!
Commented at 2010-02-09 20:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by byogakudo at 2010-02-12 14:44
<ES様> 売切れ分を御作だけコピーしました、という意味です。
了解を頂かずに、ごめんなさい。
エッセイ集だけでなく、小説集も出して下さいね!


<< 無知のかなしみ      建築本を出さなくっちゃ >>