2010年 02月 28日

葉室麟「花や散るらん」読了

e0030187_138771.jpg









click to enlarge.


 お師匠さんから、「つまらんよ」のお墨付きありの葉室麟「花や
散るらん」(文藝春秋 09初 帯 J)を、だらだらと読み終える。

 登場人物になんだか見覚えがあると思ったら、08年末に読んだ
「いのちなりけり」の続編のようだが、こちらは忠臣蔵異聞、とでも
いうべき作りだ。

 忠臣蔵のいちおうの史実に、フィクショナルな人物を絡めて書いて
ある。忠臣蔵や新撰組に興味がないので、ますます読む気が失せる。

 はしゃがない文章が基本的に好きなのに、葉室麟だと「もったいぶってる」
と否定的に感じてしまうのは、よほど相性が悪いのだろう。
[PR]

by byogakudo | 2010-02-28 13:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< エルモア・レナード「ラブラバ」読了      クローネンバーグ「スパイダー」! >>