2010年 03月 20日

シュウゾウ・アヅチ・ガリバー"no fear"展

e0030187_13541044.jpg









click to enlarge.


 写真、左奥のガラス貼りビルが「シュウゾウ・アヅチ・ガリバー
"no fear"展」開催中(4月11日・日曜日まで)のNADiff apartです。

 昨日は五反田展の帰り、恵比寿NADiff apartに行った。恵比寿は苦手だ。
駅を出た途端、方向感覚があやしくなる。地図で憶えていた「あいおい
損保」の場所を尋ね左折したら、「NADiff apartまで何十メートル」の
電柱広告が続く。その通りに歩いた筈だが通り過ぎて又戻る。
 やっと写真右側の古いアパートメントを見つけたら、通りがかった
老婦人から、
 「NADiffの入口は左奥ですよ」と、声をかけられた。
 「よく尋ねられるものですから」とのこと。ありがとうございました。

 地下で展示されている。壁一面に直接描かれた作品は、後日
消されてしまうのかしら? 赤鉛筆で囲まれた箇所もあり、まるで
描かれた直後のように、赤いダーマトがぽつんと床に残されている。
 観客も参加してみろ、何か描き加えろと言われているのだろうか?
描きはしなかったが。

 1階の窓辺に参考資料が置かれている。何というタイトルか忘れて
しまったが、70年代のペイパーバックが時代色があって面白かった。

 滋賀県立近代美術館(こちらは大規模な展覧会)のカタログを買って新宿へ。

  今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄 
[PR]

by byogakudo | 2010-03-20 13:54 | アート | Comments(0)


<< 友人たち__新宿トップスの終わり      遠藤周作「ヘチマくん」読了 >>