2010年 05月 04日

路地のかけら1(佃島・月島)/「瑛九 幻の白寿展 生誕99年」

e0030187_12432772.jpg










e0030187_12443891.jpg










e0030187_12445092.jpg










e0030187_12453696.jpg










e0030187_12454715.jpg







click to enlarge.


 写真は佃島や月島の路地で。

 さて、あとの祭りならぬ、あとの告知ですが、本日臨時休業いたしまして、
三鷹のぎゃらりー由芽に行きました。「瑛九 幻の白寿展 生誕99年」最終日
だったので。

 さすがM氏のコレクション。小品銅板画を中心に数十点、ずらりと並ぶ
有様は圧巻である。いいコレクターによる、いいコレクションだった。
 お知らせするのを忘れていて、悪かった、Mr.M。

 住宅街を吉祥寺方向に歩く。2~3軒、すてきなお家が残っていた。
ライト風と生垣で隣り合う無人と思しい住宅や、いかにも武蔵野の
面影のある庭と木造住宅等。他は、残念だが新建材で建て直されて
見るのが辛い。

 井の頭公園の端っこ、森の中のベンチで休む。休日でひとが多い。
大量の人類は嫌いだと、改めて確認する。中野に用があったので
吉祥寺駅まで雑踏を歩く。吉祥寺の気狂いじみた喧噪に比べれば、
三鷹駅南口の殺伐感が、まだしもに思える。
 普段、ひとけのない店に座しているせいだろうか。そのせいで、
今日の臨時休業の運びとなったのであるが。

 もし今日いらした方がおありでしたら、申訳ありません。世をはかなんで、
こうなりました。
[PR]

by byogakudo | 2010-05-04 12:49 | アート | Comments(0)


<< 路地のかけら2(佃島・月島)/...      「spin 07」より鈴木創士... >>