猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 01日

押井守「立喰師列伝」、すばらしい!

e0030187_1227782.jpg









click to enlarge


 写真は、いつぞやの三鷹のアトリエ風お宅。

 「立喰師列伝」については「立喰師列伝」に気をつけろ! 押井守監督に聞く
という監督インタヴューがあります。

 お読みになれば、それ以上、何かつけ加えることもないけれど、
ナレーションというより、昔なつかしアジテーション__あたし、別に
なつかしかないです。__が延々と続く映画なので、何を言ってるか
聞き取れない若い方もいるかもしれない。耳で聞いて全部すぐに
漢字変換できるのは、おトシのせいなの。

 いやがらせのエネルギーに溢れた、稗史で綴られる戦後史映画。
子どもの頃「三島由紀夫VS東大全共闘」を愛読されたような方に、
ぜひお勧めしたい。

 ところで今日は朔日(ついたち)。現代思潮社のサイト
「ブルトンとユダども」を読もう。
[PR]

by byogakudo | 2010-06-01 12:28 | 映画 | Comments(0)


<< 鮎川哲也「五つの時計」ほぼ読了      さむがり >>