猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 05日

鮎川哲也「準急ながら」読了/内田青蔵「消えたモダン東京」へ

e0030187_16212998.jpg









click to enlarge.


 写真は、昨日の馬喰横山で。と断っても、いつも、いつかどこかで、
の風景である。

 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄

 この作家なら時刻表が出て来ても鬱陶しくないないだろうと、予想が
ついたので読んでみた。隕石がぶつかって大けがをしたという派手な
イントロダクションが、ちっとも後の記述に影響しないところが鮎川哲也
らしい堅実さだ。

 クロフツ・タッチの地道な仮説と再考とが魅力的である。今回は全部
「ホーム」でなく「(プラット)フォーム」表記だったので、彼もまた原理
主義者の列に加えてしまおう。

 V音とB音の片仮名表記に細かいのは、小姑根性だと、思う。便宜上の
ことに過ぎないし、紙面や画面がうるさくなる。
 「シルヴィ・バルタン」と書く方が「シルヴィ・ヴァルタン」表記より、
すっきり見えるのは、承知の上ではあるけれど、原理主義者につける薬は
ないのさ。
      (光文社文庫 01年3刷 J)

 内田青蔵「消えたモダン東京」(河出書房新社 らんぷの本 02初 J)、
内容はほとんど知っている(けれど、忘れてもいる)が、「建築写真類聚」や
「日本地理大系」、「復興と帝都」などからの復刻写真が愉しいので、
本文も読んでいる。

 つくづく「ShowaStyle 再編 建築写真文庫」は、しんどい。リミックスは
わかるけれど、背割れがこわくて見開き頁が充分に開けて見られないのは、
やっぱりいやだ。 
[PR]

by byogakudo | 2010-06-05 16:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< 内田青蔵「消えたモダン東京」読了      神保町から隅田川へ >>