2010年 06月 07日

i Pad衝撃

e0030187_13132194.jpg









click to enlarge.


 久しぶりにいらしたお客さまとお喋りする。ふと、i Phoneをお使い
だったのを思い出し、i Padをお買いになったかしらとお尋ねすると、
バッグから出てくる。しかも昨日macから移し終えて、使えるように
なったばっかり、と仰る。

 ほぼB5版で約700g。軽過ぎず重過ぎず、大き過ぎず小さ過ぎない、
ジャストサイズだ。画面変換は鮮やかに素早く、拡大しても荒れない
文字や写真。もっと目が悪くなっても完全失明手前なら、何とかなるん
じゃないだろうか。すぐそこの老後にも希望が持てそうだ。
 だけど電子書籍は情報データであって、オブジェである本とは
まったく別ものだ。

 コンピュータともまた違う、肉体との親和性の高いツールという
印象だった。
[PR]

by byogakudo | 2010-06-07 13:01 | 雑録 | Comments(0)


<< 「浅見淵随筆集 新編燈火頬杖」...      内田青蔵「消えたモダン東京」読了 >>