2010年 06月 09日

殿山泰司「三文役者の無責任放言録」読了

e0030187_1349258.jpg









click to enlarge


 あれっ、昔読んだのは「三文役者あなあきい伝」の方だったのかしら?
いくら記憶力が衰えているとは言え、どうもこちらは未読だったような
気がして来た。「あなあきい伝」も、今パラパラ開けてみたら覚えてない。
 もう、大丈夫なんだろうか、こんなに壊れちゃってて?

 それはさておき、「無責任放言録」中の白眉は「小さな<川島雄三伝>」
ではないか。広島で新藤兼人の「母」ロケ時に訃を知らされ、書いた
ものである。

< __10年前[注: 1953年頃?]の3年間ほど、毎年正月元旦から
 3日間、川島旦那はオレの家に居た。何処の酒場も開いてないから
 である。4日目になるとコツ然と姿を消して行方不明になった。東京
 無宿になるためである。オレが今でも時々東京無宿になるのは旦那の
 大きなエイキョウである。アリガトウでした。川島旦那が酔い痴(し)れて
 寝てしまうと、オレの側近のオンナは旦那を抱えてフトンへ運ぶので
 あった。<川島先生て案外軽いのね>、オレはオンナの頬(ほお)を
 ピシッと叩いた。側近のオンナが言うべきでない言葉を言ったからで
 ある。オレは聞きたくない言葉を聞いたからである。>(p87)

 すべての男はホモセクシュアルであり、大抵の女がヘテロセクシュアル
なので、人類は続いて来てしまった。

     (角川文庫 84初 帯 J)
[PR]

by byogakudo | 2010-06-09 13:50 | 読書ノート | Comments(0)


<< 明日は?      「浅見淵随筆集 新編燈火頬杖」... >>