猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 17日

消えた古本屋

e0030187_20115329.jpg









click to enlarge


 「消えた玩具屋」では、あった筈のお店がなくなるが、こちらは
古本屋本人が消えたということで、清澄庭園と人形町に行ってました。
世をはかなんだ末の逃亡です。すみません。

 昨日は湿気と熱気のひどさに痛めつけられ、梅雨の晴れ間に、義母の
リクエストの清澄庭園に何を追加しよう。人形町にしますかと、本日実行。

 清澄庭園の菖蒲園がよかった。休憩所で休んでいたら、木の間を渡る
風がさっと吹き、一年に一度あるかないかの心地よさ。湿気がないのは
ほんとに快適だ。

 人形町・喫茶去(きっさこ)快生軒でお茶を飲む。店の入り口に「全席
タバコが吸えます」と、いまどき貴重な喫茶店だ。

 甘酒横町をうろつく。TVドラマの影響で観光客が増えたようだが、パリに
どれだけ観光客が押し寄せようとパリはパリであるように、人形町も自信を
持って人形町であり続けてもらいたい。地霊のある街だもの。

 近くの小春軒で夕食。「軒」って付くところはいいな。 
[PR]

by byogakudo | 2010-06-17 20:37 | 雑録 | Comments(0)


<< 四方田犬彦「先生とわたし」読了      四方田犬彦「先生とわたし」半分弱 >>