2010年 06月 21日

日本にしか存在しないパリ

e0030187_12571766.jpg










click to enlarge.


 日本にしか存在しないパリ、という時空がある。ある瞬間に、
そこがパリに他ならぬ地であると直観する。

 店を始めたころ、いまは倉庫兼作業室に成り果てた奥の部屋が、
パリの屋根裏部屋になった。このままここで本を読み、絵を描いて
いられないかとSは願った。
 この写真の古いアパートメントも、西新宿・成子天神界隈から
モンマルトルへとジャンプした。
 前にも書いた覚えがあるが、中野駅北口、サンモール街の脇に
入った中古クラシックレコード店のある広場も、かつてはパリだった。

 たぶん日本人にしか視えないパリだろう。1970年代以前の、
憧憬の的であったパリに対する思いが、街を出現させる。神楽坂には
あまり感じないのに。
[PR]

by byogakudo | 2010-06-21 12:36 | 雑録 | Comments(0)


<< 立川談志「談志楽屋噺」読了      美術展カタログの謎 >>