猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 30日

町山智浩「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」読了

e0030187_13221429.jpg









click to enlarge.


 かつてのファビュラス・バーカー・ボーイズのひとり、町山智浩
「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」(文藝春秋
08年3刷 J欠)をようやく買取りで入手。早速読む。

 2006年から2008年にかけての、近過去アメリカ史が、おさらい
できる。何かの間違いみたようなブッシュJrのアメリカから、史上
初めてカラードの大統領が執務している現在まで。

 ついでに同時期の日本のていたらくも思い出す。愚かなブッシュJrの
前で、エルヴィス・ファッションで腰を振って見せた(二人ともゲイ
ではなさそうだが)国辱ものの首相・小泉純一郎。あの衣裳はレンタル
なのか、買ったのか? 代金は国費(税金)から出たのか、自費か? 
 当時の新聞では、別に批判も疑問も出てなかったようだけれど、
忘れていない執念深い日本人も、ここにいますの。

 ああ、あれもいた。竹中平蔵。政界から引退後に、自分で改正した
法律のおかげで儲けた会社のトップに納まり、てんで恥じない男だ。

 そんなこんなの悪夢の記憶を呼び覚ます、優れたコラム集であるが、
眠る前には岩本素白を手にとり、気を静める。やくざなスピードボール・
リーディングだ。
[PR]

by byogakudo | 2010-06-30 13:18 | 読書ノート | Comments(0)


<< 明治感覚      前川清治「鎌倉アカデミア 三枝... >>