2010年 07月 16日

夏、夏・・・

e0030187_12354735.jpg





click to enlarge



 Sから少し色弱じゃないの?と言われるが、たしかに青と緑の中間に
ある色を青系・緑系に分けようとすると、いつもSと逆になる。
 たぶん彼のほうが正しい色認識なのだろう、実感的に納得しては
いないけれど。濃紺と濃緑色の車の色も、咄嗟には判断しかねる。

 そんな頼りない色彩感受性で何か言うのは問題かもしれないが、
それでも昨日の青空は変だった。
 いわゆる夏の、真っ青な青空ではなく、緑色を含んだ青空が上空に
広がり、下部は薄い、いわゆる空色だった。このまま世界が終ることも
あると、ふと考えた。そんな、何とはなしに不吉さも感じられる空の色。

 雷が起きやすい、寒冷前線が近づいていただけのことかもしれないが、
あのとき感じた不安は、まだ残っている。夏はいつも終末感覚を目覚め
させ、気持ちを押さえつける。




..... Ads by Excite .....
[PR]

by byogakudo | 2010-07-16 12:36 | 雑録 | Comments(2)
Commented by かめ at 2010-07-16 18:34 x
こちらも似たように、なにか梅雨が明けたようでもない不可思議な印象の青い空を見上げておりました。
Commented by byogakudo at 2010-07-17 19:14
空は地面や海底と同じように、変化しながら連続していますね。


<< 鮎川哲也「黒いトランク」読了      鮎川哲也「黒いトランク」1/2 >>