猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 30日

神保町から大川端へ

e0030187_20243472.jpg









click to enlarge


 神保町のお宅へ伺う。古書会館にも八木書店にも、あすこにもどこにも
寄らずに森下乗継ぎで蔵前に行く。先だって、雨もよいの午後通り過ぎた
浅草の履物街を、ちゃんと見たかったので。

 今日の温度はなんとか歩ける範囲だ。それでも、できるだけ日陰を選って
歩く。東静容器というショールームに心惹かれるが、先を急ぐ。

 履物街(花川戸)まで、多少、距離があると感じたのは寄り道してたから
だろう。雨もよいの日のほうが絵になるなぞと、勝手なことを思う。少し
暑さにやられていた。

 隅田公園の小高い散歩道に、ブルーシートを敷いてカードをやっている若い
人々がいる。花火大会の掲示があるから、場所取りなのだろうが、花火大会
って、平日にやるの? 
 戻って夕刊を見たら、明日・土曜日夕方の催しだ。そのために前日から待つ
のだろうか。恐るべき体力。

 軟弱ものは前回と同じく、東部伊勢崎線・浅草駅ガード下の「怒濤の珈琲」に
逃げる。横断歩道を渡ろうとしたら、浅草松屋の旧館に目がいく。きれいな
アールデコだ。知らなかった。

 休憩後、少し元気になり、松屋の裏側に廻ってみる。裏から見ても面白い。
屋上に上がれば隅田川が見えるんじゃないかと入ってみると、3階か4階から
上は5月末に閉鎖、とある。
 しまった。気づくのが遅かった。大川を遡るのに時間をかけ過ぎた・・・。

 後悔しながら隅田川テラスを蔵前方向へ歩く。風と波が強い。軽食後だった
せいか、屋形船に打ち寄せる川波を見ていると、船酔いめいてきた。
 Sに「即物的だなあ」と嗤われる。三半規管が相変わらず過敏なのよ。




..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-07-30 20:25 | 雑録 | Comments(0)


<< 浅草周辺写真集      安部公房「第四間氷期」読了 >>