猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 13日

住吉神社に感激!

e0030187_192449.jpg









click to enlarge


 昨日の無念を晴らそうと、義母と三人で出かける。いちおう折り畳み傘を
バッグに忍ばせて。

 蔵前まで地下鉄大江戸線。永代橋から望む、佃島で大川が二手に分かれる
光景を義母に見せたかった。三人とも東京の西側で暮らして来たので、感激は
ひとしお。何度見てもすてきだ。

 義母は戦前、まだ小学校に上がるか上がらないかの頃、この辺りの親戚宅に
泊まり、朝の永代橋からざるを下し、舟で売りにくる煮豆か何かを買った記憶が
ある。
 「あの橋だったのかしら?」

 中央大橋を渡って佃島へ。船溜まり近くの、いつぞやのお箸屋さん、前回は
裏から見ただけの住吉神社へ。すばらしかった。どう言えばいいのだろう?
ふだん見かける神社とは佇まいが違う。パワーが違う。周りに高層ビルが林立
したくらいではびくともしない、地元の人々の思いが込められて来た場、なの
だろう。

 お隣の佃公園でベンチに休む。太った雀が、すぐ近くまでやって来る。雀は
警戒心が強くて、けして人の傍には来ない、と思っていたが。

 佃煮屋さんの後は、月島「ふるさと」で休憩。お店に飾られている古い民家や
和風住宅の模型は、「ふるさと」を始められた初代の手作り、と伺って驚く。
 「割り箸を使ったり、民家の藁屋根はタワシを使ったりして作ってあります。
中の部屋もちゃんと作ってありますよ」と、二代目のご主人が仰る。

 お店を出たら、雨が降り出す。傘をさして、月島の路地を少し歩く。月島駅
から地下鉄で、西の東京へ戻る。




..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-13 19:48 | 雑録 | Comments(0)


<< 殿山泰司「JAMJAM日記」「...      殿山泰司「JAMJAM日記」もう少し >>