猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 02日

(2)ジェームズ・ヒルトン「鎧なき騎士」1/3

e0030187_14415058.jpg









click to enlarge.

~9月1日より続く

 扉に書かれた粗筋によれば、ロシア革命を舞台にした20世紀版
「紅はこべ」みたように思えるのに、1/3まで来ても、<美貌の伯爵
夫人>の影どころか、時はやっと1917年、ロシア革命がどうやら
成功したばかりである。気長に読め、ということだろう。

 主人公があんまり颯爽としてないのが美点。孤児の身を金持ちの
貴族の親戚に拾われ、教育を授けられる。ジャーナリストを志望
するも、はしっこさがなくて向かない。失恋やミスがあり、イギリスを
離れようと、自費でまかなう海外特派員になり、日露戦争の取材に
行けば、初めて見た戦闘の後、道端で買ったビールにあたって入院する
始末である。
 いい奴でしょう? 

 そのままロシアに滞在し、革命前夜のペテルスブルグで、英国諜報部の
スパイになることを引受ける。スカウトする方も、受ける主人公も、
大丈夫なのか、彼で? いくら語学の才能があるからって、ロシア人と
しての偽造身分証明書を渡しちゃって。

 結局、政治犯としてシベリア送りになる。そこで数年暮らし、ようやく
解放されたが、英国人に戻る手だてはなく、それどころか、はずみで
殺人を犯し、被害者になりすますことで次の身分証明に変えるしか生きる
術がなくなる。
 シベリアからモスクワへ向かう列車内で、革命軍側の「勝てば官軍」的
傍若無人振りが静かなタッチで描かれる。エリセーエフの自伝や何かを
思い出す、ロシア革命前後風景である。

     (創元推理文庫 76年4版 J)

9月7日に続く~





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2010-09-02 14:42 | 読書ノート | Comments(0)


<< 蔵前あちこち      (1)ヒルトン「鎧なき騎士」を... >>