猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 30日

J・G・バラード「楽園への疾走」もう少し

e0030187_131862.jpg









click to enlarge.


~09月27日より続く

 もっと早く読み終わりそうなものを、そうか、疲れていたのかしら、
昨夜中に終らなかった。

 核爆発実験場であった南海のフランス領無人島が、環境保護過激派の
中年女性リーダーに導かれた数人の手によって占拠され、環境保護の聖地と
看做されるようになる。スローガンは「アホウドリを救え!」。
 アホウドリってとこがミソだ。イメージが広がる。

 何かことを起こせば余波が生まれる。流行りのメッセージ性を持つ行動は、
メディアによって増幅する。見逃される訳がない。
 アナウンス効果により、賛同者や観光客が訪れるは、善意の人々から様々な
物資が飛行機や船で届けられるは、禁欲的な聖なる島を夢見ていた女ノアは、
立て直しを迫られる。

 メディアや過度の情報がもたらすドタバタが、細かく丁寧に取り上げられる。
グロテスクな戯画は、まったくその通りであるが、なんだろう、細か過ぎて
物語の速度とズレを起こしているような気がするのだが。但しこれは読書時の
体調のせいで、そう感じたのかもしれない。

 ユートピアはいつだってディストピアに変貌する。
 アホウドリを救うという当初の目的はいつの間にか、島を地球上の希少
動植物の保護地にしようという運動に替わる。その土地固有の生態系がある
だろう、と問題提起する者は現れない。だって、世界の善意が集結した行為
だもの。
 
 送られてきた番い絶滅危惧動物は、繁殖を終えると生きるための食料にされる。
ありそうな話で、ノンフィクションを読んでいるような気になるのが、この小説の
問題点なのか。
     (創元SF文庫 09初 J)

10月1日に続く~





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2010-09-30 12:41 | 読書ノート | Comments(0)


<< J・G・バラード「楽園への疾走...      シオドア・スタージョン「影よ、... >>