2010年 10月 23日

クリストファ・ブッシュ「チューダー女王の事件」半分強

e0030187_156443.jpg






click to enlarge.


 まず今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄
 先週はアップした後、図録と画集を各一冊、追加しましたので、よかったら
ご確認ください。

 おととい辺りから読んでいるクリストファ・ブッシュ「チューダー女王の事件」
(創元推理文庫 60再 帯)__値下げしてから慌てて読み出した__、半分は
過ぎたのに、ちっとも面白く感じられないのは、本格ミステリファンでは
ないことの動かぬ証拠だろう。

 警部と私立探偵とがそれぞれ腹を割らずに推理を進めている様子だが、
話は進行しているのだろうか? そこからして心もとない。最後まで読めば
女優と侍僕の死体が自殺か他殺か解るから、読んで行くしかないけれど、
どう面白いのかはピンと来ないまま終りそうで、やや不安にも思う。
 昔の探偵小説とつき合うのは、ときどき持久戦になる。仕方ない。今夜中に
読み終えて、昨日買ったカーター・ブラウンでも読み飛ばそう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-23 15:06 | 読書ノート | Comments(0)


<< クリストファ・ブッシュ「チュー...      五反田から清澄白河へ >>