2010年 11月 02日

片岡義男「映画の中の昭和30年代」半分弱

e0030187_1419257.jpg









click to enlarge.



 名前は昔から知っていたが、読むのは初めての片岡義男、成瀬巳喜男
作品に沿って語られる昭和30年代である。

 読み始めて、なんと言えばいいだろう、ショッてるなあとか厚かましいと
言われそうだが、身に覚えのある文体で、そこにまず驚く。読んだことない
のに、彼の文体に影響を受けていたなんて、あり得るだろうか?

 たぶん、疑問形の続け方や現在形の多用に、身に覚えを感じたのだろうが、
妙な気持ちになる。あんなに細かく分析できないが、見えるもの・読み取れる
ことに対する態度に、もしかして似た気質でもあるのかもと、昨夜は思う。
 70年代風感受性ということなのかしら。よくわからない。不思議。

     (草思社 07初 帯 J)

11月3日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-11-02 14:19 | 読書ノート | Comments(0)


<< 片岡義男「映画の中の昭和30年...      京島写真集/鈴木創士氏のコラムの日 >>