2010年 11月 13日

新富町界隈を歩く

e0030187_133115100.jpg









click to enlarge.



 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄

 昨日はふたりで新富町界隈を散歩、最終的には隅田川に出た、
やっぱり。(これをやらなければ、疲れが少なかったものを。)

 地下鉄大江戸線の月島で有楽町線に乗換え、一駅先の新富町下車。
たった一駅とはいえ、体力温存を考えていた。最初はね。

 聖路加病院の反対側、入船辺りを歩いているうちに、先だって
まだ暑い頃、八丁堀から歩いてきたときの路地に出た。
 あの日、(路地で寝ていた猫ではなく)駐車場で遇った猫は、
お豆腐屋さんの半飼い猫だったようで、歩道に置かれた手製の爪研ぎ
兼クッション(?)に鎮座している。
 誰彼となく立ち止まって撫でてゆくが、人間を見切った眼差しで、
撫でさせてやっている風情だ。立派。

 ふたたび新富町交差点に戻り、「正金アパート」を発見。入口の
「2階から5階 貸室あり 3坪強〜5坪強」とかいう掲示を見ていたら、
お店の女性が話しかけて来た。1階は全部お店が入っている。
 「上はアパートで借りられますよ。たぶん安いと思うんだけど、
ネズミとゴキブリと闘うことになります」
 「平気です、闘います」
 思わず本気で、公衆電話を探して不動産屋に連絡しようかと思った。
どうやって店まで通うつもりか。30~40分がかりの通勤になる。
 インターナショナル・スタイルは、いま見て、うつくしい。

 怒濤の珈琲で休憩。ここまで来ているからには大川に行くことに
する。まだ疲れ果ててはいなかった。(ここで抑えられないのが
弱点だ。)

 築地本願寺界隈をさまよい、路地でお取り込み中の2匹の猫に遇い、
勝鬨橋まで来た。隅田川テラスのベンチに坐り川の流れを見る。
 真冬が来るまでに、あと何回訪れることができるだろう。

 テラスを引き上げ、橋畔のはとば公園に上がったら、水が流れる設備
(循環式だと思う)の浅い水槽に、次々とカモメが舞い降りては数匹ずつ
水浴びし始めた。脇を人や車が通っているのに、悠然と水浴び・毛づくろい
している。ふと見上げると、頭上にカモメの群が円を描いている。
 「鳥」にはならなかった。

 やや足を引きずり気味ながら、波除神社や築地市場を通って帰路につく。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2010-11-13 13:31 | 雑録 | Comments(0)


<< 正金アパート写真集/シムノン「...      星埜守之「ジャン=ピエール・デ... >>