猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 24日

F・W・クロフツ「列車の死」もう少し

e0030187_14272367.jpg









click to enlarge



 「列車の死」というタイトル(原題も"DEATH OF A TRAIN")が不思議
だったが、p66に至って、なんとなく了解した。長い前置きの後、ようやく
列車転覆事故が起きる。
 「さかしまに」にも蒸気機関車を人間視した表現があったと思うが、
ここでは人の力では到底勝ち目のない巨人が、あっけなく倒れたときに
感じるショックのように描かれている。

 蒸気機関車にフェティシズムを持ったことがないので、共感までは行かない
けれど、人型ロボットに抱く親しみ(初期のアシモ君と階段ですれ違ったら、
わたしは軽く会釈して通り過ぎ、その後「ロボットだ!」と気づくだろう。
近頃のはハンサムじゃないので無視する。)にも似た、人間性の拡大延長版
として、蒸気機関車は存在するのかもしれない。

<人類の誇る天分の、記念すべき業績とも言うべき列車は、今は敲きこわされた
 鉄と金物となり果て、蒸気を立てながら、錯雑した塊となつて横たわつていた。
 その上には、大変なほこりの雲がかかつていたが、もうそれも、そよ風に吹かれて
 静かに消えかけていた。
  殆んど息も出来ないくらいのヒスロップには、それは死を象徴していた。列車は
 ぞつとするような静けさの中に横たわつて、死んでいた。>(p66上段)

 メモ用紙ではなく封筒に書くシーンを採集。
< 「ざつと計算して見ることは出来ますよ」と、ディグビィは、封筒の上へ
 簡単な計算をして、「多分、前日の昼食の頃だと思いますね。しかし、勿論、
 これは推量ですがね」>(p201下段)

     (HPB No.328 57初)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2010-11-24 14:27 | 読書ノート | Comments(0)


<< F・W・クロフツ「列車の死」読...      F・W・クロフツ「列車の死」を... >>