2010年 11月 28日

小林信彦・編「横溝正史読本」読了

e0030187_1513397.jpg









click to enlarge.


 うーん、かゆいところに、しっかり手を届けてくれた! 1976年に
単行本、79年に文庫版が出ていたのか。知らなかったのが悔やまれる。

 だって、博文館がどんな出版社だったか、イメージがわかないって、
そうなの! 小林信彦(1932年生まれ)でも、日記を出している出版社
という印象しかないから、「新青年」編集長・横溝正史に博文館について
訪ねることからインタヴューが始まる。

 取次店など、全部、博文館のおかげで大きくなったような、老舗の
出版社だが、講談社の攻勢に押されて、いつの間にか沈滞していた
出版社だそうである。
 そんな大のれんの下、モダーニスト編集長・横溝正史と、助手の
渡辺温とのふたりで、「新青年」を作っていた、という訳。院外団と
して、長谷川修二や水谷準、延原謙、乾信一郎などがいた。

 院外団の話から、もうひとつのかゆいところに行く。中村信治郎
その一員だった。
 延原謙・編集長時代の「新青年」で『ヴォーガン・ヴォーグ』欄を
担当していたが、本業は「不良」というしかない男だったそうな。
(「ブルータス」で見た記事はたぶん、この本から書かれたのだろう。)

 モダーンなセンスと才能がある。習ったこともないのに、横浜の
新聞に竹中英太郎そっくりの挿絵を描いていたり、器用だ。
 しかし本業は、あくまでも貴公子風ルックスを活かした「不良」。
引っかからない女はいなかったらしい。写真が残っていないのが、
ほんとにもどかしい。美男美女にも流行りがあるから。

 積年の疑問が、かなり解消した。あとは、坂本紅蓮洞について書いて
ある本は、どこかにないだろうか?

     (角川文庫 2008改版初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-11-28 14:58 | 読書ノート | Comments(0)


<< エーリヒ・ケストナー「消え失せ...      フランク・グルーバー「フランス... >>