猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 30日

ジェイムズ・P・ホーガン「造物主(ライフメーカー)の掟」、どうしよう?

e0030187_13143025.jpg










e0030187_13144435.jpg







click to enlarge



 写真は、浅草・花やしき裏手と、それに続く床屋と古着屋。


 昨夜から遂に、ジェイムズ・P・ホーガン「造物主(ライフメーカー)の掟」
(創元推理文庫SF 85初 J)を読み始めた。あまり向いていないと思う
のだが__ヴォークト、ディック、ベスター、スタージョン、バラード、
プリースト辺りのSFなら好き、という輩は、他にどんな作家が向いて
いるのだろう?

 冒頭の、自己複製するロボット植民地の話は斜め読みした。
コンピュータがウィルスに冒されて暴走したら、どんな世界に
なるだろう、なんてことに頭が飛んだ。

 「メグレ夫人の恋人」(集英社文庫)が入ったので、今夜はたぶん
これになる。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-11-30 13:16 | 読書ノート | Comments(0)


<< 毎月一日は鈴木創士氏のコラムの日      エーリヒ・ケストナー「消え失せ... >>