2010年 12月 24日

陳舜臣「三色の家」読了

e0030187_1355513.jpg









click to enlarge


~12月23日より続く

 陳舜臣はイギリス風のミステリが好きなのかしら。イギリス本格ミステリだと、
素人探偵は事実を解明しても、生き残った人々への影響を考えて公表を控えたり
するが、陳舜臣の素人探偵・陶展文も、ダメージを与えないよう配慮する。
 探偵役のみならず、警察官まで同じように控えめな行動をとる。見て見ぬふり、
である。大人が大人に向けて書いたミステリなのだろう。

 「枯草の根」では、sofaが「ソーファ」と、原音表記されていた。谷崎の初期の
何かでも、「ソーファ」表記があったような気がする。
 コーヒーが「コーヒ」、overcoatが「オーバ」なのは、神戸弁原音表記か?

 直木賞の「青玉獅子香炉」は、解説に依ると、吉田健一が新聞の文芸時評欄で、
<<・・・・・・この香炉が、この小説の光沢であり、においでもある。まだ古今
 東西の文学に徴して類似の傑作が思い当たらない。>>と評したそうである。
 惹かれる。

     (講談社文庫 78初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-12-24 14:14 | 読書ノート | Comments(0)


<< 陳舜臣「六甲山心中」読了/結城...      陳舜臣「三色の家」1/2 >>